|2017.08.08 「TOP」ページを更新。イベントinfoを公開しました。                   |
 
 
 
わたしたちは二十歳になると、大人になることを迫られる。
でもその瞬間に、自分が大人になったという実感はない。

じゃあ、いつわたしは、大人になるの。

* * *

都会の中心部から電車で揺られること、約30分。
水辺にあるこの街には、ビルの建ち並ぶ都会とはまた別の魅力があった。

開発が進み、海の見える、開けた、なにもない土地に、
「ゆうえんち」が建設され、
ランドマークである“観覧車” は、その街の印象に大きく色づき始めていた。

* * *

三年生の帷陽一(とばりよういち)は、夏休みを前にして
進路や将来について悩み、答えを出せずに居残りをしていた。

夕方になり、いつの間にか居眠りをしてしまっていた陽一。
目覚めると目の前に一人の女の子――海殻(かいがら)かもめが立っていた。

「帷くんの進路希望の紙には、“大人になりたい” と書いて出しておきましたよ」
当たり前のように告げるかもめ。
名前も知らない女の子の勝手な行動に呆れつつも、反発はしない陽一。
答えが先延ばしになることは、陽一にとって都合の悪いことでもなかったのだ。

邂逅から数日間、陽一とかもめは居残り教室で顔を合わせる。
彼女は進路を決めているが、何度も書き直しになっているのだという。

「魔法使いになりたいんです」
「……もちろん、ファンタジーとかの魔法使いじゃなくてね」

将来の夢自体はぶっとんでいたが、
自分自身に真剣に向きあおうとするかもめに、陽一は興味を持っていく。


ランドセルなどもう背負わなくなった少年少女たちの、等身大の姿。
真夏の水辺の街にあったかもしれない、“てんし” と“魔法” の物語。

 
 
/ Story / Character / Gallery / Special / Support / Spec / Top
Copyright (C) 2017 モチのおとしご All Rights Reserved.